カウンセリングでうつを解消

取り組み

産後うつを快方に向かわせる為には効果的な治療が鍵になります。その為には分類を正確に行い、その人に合せた治療が課題になりますが利用する前に情報収集は欠かせないでしょう。

詳細はこちら

怖い症状

一番こわいのは重症化して死に至るケースになります。そうなる前にいくつかの改善策はありましたがやはり早期発見をしていく必要もあったでしょう。それを知りつつ、今後の対策にしていきます。

詳細はこちら

症状とは

うつ病には種類が様々あります。自分がどの症状に当てはまっているのかわかれば対策も打ちやすいですよ。

典型的な症状について

うつ病は今や珍しい病気ではなく、日本全体で100万人以上の人が悩んでいる、と言われる病気なのです。つまり、誰もがうつ病を発症する可能性があり、それに対する知識をきちんと持つことも必要とされています。 そこで、うつ病の症状について紹介していきます。まず、典型的な症状として4つ挙げられます。1つ目は、抑うつ気分が現れます。何をしていても憂鬱に感じたり、落ち込み悲しくなり、思い悩む日々が続くようになります。2つ目は、興味の喪失です。これまで楽しんでいたことに、全く興味や喜びを感じなくなり、関心や欲求が著しく減退していきます。3つ目は、睡眠障害です。寝つきが著しく悪くなる一方、睡眠中何度も目が覚めます。4つ目は、集中力と思考力の低下です。仕事や家事が上手くできなくなったり、何も考えられなくなってしまうこともあります。

うつ病の種類について

日常生活に大きな影響を与えるうつ病ですが、その種類について説明していきます。うつ病は、一般的に2種類に分類されます。1つの種類はメランコリー型うつ病、もう1つの種類は非定型うつ病です。非定型うつは新型うつとも呼ばれることがあります。メランコリー型、非定型うつ病ともに共通した症状はいくつかあります。たとえば、意欲の減退や睡眠障害、疲労感などです。しかし、全く異なる特徴も見られるのです。それは、メランコリー型うつ病の場合、真面目すぎて融通が利かない頑固な性格を持っている人が多いという点です。特にこのタイプの人は、強迫観念が強く、リラックスが苦手なため、悩みを抱え込み、ストレス過多で発症します。その反面、非定型うつ病の場合、ストレスに耐えられる力が、他の人よりも弱いという特徴を持つため、病気を発症するのです。

広がり始めた支援制度

うつ病患者に対する支援体制は、これまで非常に軟弱でしたが、最近では、公的な支援制度とともに、民間による支援制度も整い始めています。これまでは、うつ病と診断された場合、医療保険に加入することが難しかったのですが、最近ではうつ病患者でも加入できる保険が登場し始めています。また、医療機関においても、うつ病の治療だけではなく、復職を目指した支援活動などを行うなど、患者に対する支援が各方面に広がりつつあります。ただし、一番大事なのは、病気を早く治すことです。うつ病にはさまざまな種類があるため、医療機関を受診して自分がどの種類の病気であるのかを正確に判断し、早い段階から治療を始めることが何よりも大切です。

うつ病の今後の課題とは

うつ病の支援制度に課題が多いのは、うつ病に関する知識が世間一般に広がっていないことが一因でもあります。そのため今後は、政府や医療機関を中心に、より積極的な啓発活動が求められます。うつ病に関して最大の課題は、医療機関への受診率が低いことです。自分がうつ病であるかどうか判断するのは難しいものですが、うつ病を治療しないで放っておくと、症状は次第に悪化し、治療期間もより長い時間が必要となってきます。そうならないためにも、どのような症状が出たら危険なのかなど、病気に関する基本知識を世間に広め、医療機関への受診率を上げることが重要です。治療方法や治療費は病気の種類によって異なるため、早めに医療機関に受診し、病気の種類に合わせた早期治療を心がけることが大切です。

出産して女性がかかりやすい

うつ病というのは、近年、日本で増加傾向にある精神疾患です。うつ病の中でも、子どもを出産した女性に起こるのが産後うつと呼ばれる種類のうつ病です。出産後、10パーセントから15パーセントの女性が、この種類のうつ病になるとのデータがあります。 出産後は、女性は幸せいっぱいのはずです。なぜうつ病が起こるかというと、慣れない子育てと産後のホルモンバランスの変化によるものです。その影響によって、心の浮き沈みが激しくなります。 この種類のうつ病の特徴的な症状は、気分の落ち込みや不安感、不眠、食欲不振などが挙げられます。また、母親として育児に自信がなかったり、子供の将来を過度に心配する症状も見られます。そして、ひどくなると、脳のシステムに異常が生じて子どもに虐待を与えてしまいます。

軽い場合

数多くの種類があるうつ病も薬の服用だけで良くなる場合もあります。特に単純性のうつ病は気分だけになりますのでそれが抑えられる治療をしていけば問題はないでしょう。薬代も安いので安心です。

詳細はこちら

進化している

うつ病といってもまた新しく症状が出始めているので動揺する人もいるでしょう。また、種類によっても症状に変化が見られますので、どのような特徴があるのか把握しておきます。

詳細はこちら

治療費とは

負担軽減の為にうつ病の治療は安めに抑えることが出来ます。また、長期間する恐れもありますので自立支援医療制度があれば根気よく治療に挑むことが可能です。また患者にとっても安心でしょう。

詳細はこちら