>

治療費とは

うつ病の治療費はいくら

うつ病には様々な種類があります。治療方法はうつ病の種類によって異なってくるため、治療にかかる費用も種類ごとに異なってきます。うつ病は健康保険の対象となるため、患者が負担する治療費は全額の3割負担ですみますが、うつ病の種類によっては治療期間が長期にわたる場合もあるので、その場合は治療費負担もおのずと重くなってきます。また、治療に使われる薬の種類によっても治療費負担が異なってくるため、うつ病の治療に実際どれだけの費用がかかるかは、わかりずらいのが現状です。そのため、自立支援医療費制度などの公的な支援制度をうまく活用して、治療費負担を軽減することが大切です。まずは医療機関で受診して、最適な治療方法を知ることが大切です。

これからの課題は山積み

うつ病の患者は年々増加しており、対策が急務となっています。しかし、どの状態でうつ病と診断すべきか、その線引きは難しく、医療機関に受診する患者が少ないのが現状です。そのため、実際にはより多くのうつ病患者が存在すると考えられています。また、日本では自殺予防に対する有効な治療方法が十分に普及しておらず、課題が多いのが実情です。しかし最近では、うつ病に対する最新の治療方法や医療費の助成制度が少しずつ整備され始め、支援制度が広がりつつあります。うつ病など長期間にわたる治療が必要な人のために障害者手帳という制度が用意されています。障害者手帳保持者に対して積極的な支援を心がけている企業も現れ始め、支援の輪が広がりつつあります。